タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

レオの読書記録

f:id:miraisyouzen:20170413084040j:plain

神沢利子「ちびっこカムのぼうけん」

わくわく楽しく読める北の国の少年カムの冒険。

 

f:id:miraisyouzen:20170413084055j:plain

寺村輝夫の王様シリーズは初めて読みましたが

王様がなまけようとして騒動が起こり、それを胡麻化そうとするパターンが面白いです。

下の4冊、たべもののおはなしシリーズ、レオが面白いと思った順に並べました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

タイガの読書記録

f:id:miraisyouzen:20170412084831j:plain

法月綸太郎「怪盗グリフィン、絶体絶命」

スパイモノは善と悪が曖昧なので私は苦手です。

文章もまわりくどいです。

タイガは普通に面白く読めたようです。

 

f:id:miraisyouzen:20170412084842j:plain

斎藤洋「西遊記」シリーズ

ロアルド・ダール「マチルダは小さな大天才」


「マチルダは小さな大天才」は面白かったです。

頭の良い女の子の話ですが、超能力まで使っちゃうのは多少やりすぎかなあ。

でも、こういった親や教師からの虐待はあるだろうなあと考えさせられました。

 

f:id:miraisyouzen:20170412084857j:plain

左から、タイガが読んで面白かった順です。


重松清「くちぶえ番長」は、小学館の「小学四年生」に連載されていたので、当時の四年生はこの小説を読んでいたわけですが

タイガが四年生の時は、このレベルの小説は読んでなかったなあ、読んでも理解出来ただろうか

いや、どうせ理解できないだろうと決めつけずに触れさせなければいけないなと反省しました。


「エーミールと探偵たち」「名探偵カッレくん」は、小学生にお薦めの本にいつもランクインしているので読んでみました。

タイガは、エーミール>カッレ でしたが、私はカッレの方がよかったかな。

エーミールは、子供が一晩家を空けるというシチュエーションが親の視点から見てハラハラしました。

最後の追い詰めるネタが大人には予測可能ですが、小学生には仰天の伏線で大喝采の結末なのでしょう。

カッレは、直接事件とは関係ない少年たちの日常(サーカスごっこや戦争ごっこ)が、小学生にはたいくつに思えるかもしれません。

西遊記」はあまり好みじゃないそうで、次巻は読むのをやめました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

クラス替えと入学式

今日から学校です。

レオは3年生、タイガは6年生になりました。


そして気になるクラス替え

レオもタイガも担任は男の先生になりました。


レオは初めての男の先生でとても喜んでいます。

男の先生はきっと昼休みも遊んでくれるし、厳しそうだからいいんだって。


「へー、レオは厳しい先生が好きなの? 私は優しい先生が好きだけど。」って言うと


「母、優しい人が好きで優しい人と結婚したら

 お酒飲みすぎて酔っぱらって

   ほっぺにチューの跡つけて帰ってくるかもしれないよ。」


え?え?え? さっぱり何言ってるのかわからないんですけどー?


「厳しい人はお酒飲みすぎてチューの跡つけて帰らないの?」と聞くと

厳しい人は自分の生活をきちんと守るからそんなことはしないんだそうです。


そ、そうなのか?


「母は、父が優しい人だから結婚したのに・・・」と嘆くと

父は職場が隣で、仕事帰りにお酒を飲む距離じゃないからセーフだそうです。


よくわからんけど、まあレオが厳しい男の先生で喜んでるのでよかった。


タイガの先生は社会が専門です。

私は社会科分野は不得意だから、学校で先生から歴史小ネタとか聞いて造詣を深めてくれるといいなあと期待しています。


「サバイバルシリーズとか自分で買って学校に持って来てくれる良い先生なんだよ。」とタイガもその先生になって嬉しそうです。

へー、自費で?それはすごいね。と感心していると、そもそも学級文庫って担任の先生が持って来て置いている本なのだそうで

え?そうなの?とまたまたびっくり。

そう言えば去年6年生の教室に入ったら、クラスによって学級文庫に並んでいる本の系統が違っていて

とあるクラスは加納朋子とか置いてあって、ほー小学生で加納朋子かーと目を見張ったけれど、あれは先生の趣味だったんですね。


午前中は始業式、午後からは入学式。

タイガは執行部なので、入学式で1年生歓迎の小劇をやるとかで

急いで昼食を食べて、また小学校に戻りました。

どんなことしてるのかちょっと見てみたい気もします。入学式に潜入しようかな。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

でんきの科学館と、味噌煮込みうどん

今日も名古屋のポケモンセンターに行ってきました。

ポケモンセンターのすぐ横にベイターミナルが置いてあって

先週行った時は誰も遊んでなくて、ここ穴場!と思ったので

今日はベイも持って行ったのですが

今日は混んでて、4,5人並んでいました。

レオは1時間半くらい繰り返し並んで遊んでいました。


お昼は、先週とは別のきしめんが食べられるお店に入ってみようか~ってことになって

ポケモンセンターのある松坂屋内の味噌煮込みうどんで有名なお店に入ったのですが

量がとっても少なくて

タイガの頼んだ卵入り味噌煮込みうどんは、具も麺も卵も汁に沈んで見えないくらい。

私のきしめんと丼セットの天丼を、「足りない~」と言うタイガとレオに分けて

それでもまだお腹空いたというので、コンビニでサンドイッチや肉まんを買って食べて

なんか結局、高くついてしまいました。

こんなことなら松坂屋の食べ放題のお店に入った方が安かったわ・・・

まだ先週行ったお店の味噌煮込みきしめんの方が満足でしたね。


そして、先週も行ったのですが、今日もまた

昼食後は、でんきの科学館に行って遊びました。


でんきの科学館は、中部電力が運営する施設で

うちの市の科学館より広くて、設備も充実していました。しかも無料です。

 

f:id:miraisyouzen:20170410090726j:plain

コイルに電流を通して磁石にすることで、鉄の球を回すゲーム

 

f:id:miraisyouzen:20170410090736j:plain

反射神経のゲーム

 

f:id:miraisyouzen:20170410090755j:plain

自転車をこぎながら、火力発電や水力発電についてのクイズを答えるゲーム


このように、電気を使って遊ぶゲームがたくさん置いてあります。

 

f:id:miraisyouzen:20170410090816j:plain

一時間毎にオームシアターというのをやっていて

私は最初、シアターというんだから電気についての知識を盛り込んだ啓蒙番組かな、と思っていたのですが

入ってみると全員参加型の対戦ゲームでした。


カメラで自分の写真を撮ってキャラクターを作り、カメラで自分の手の動きをスキャンしてキャラクターを動かします。

 

f:id:miraisyouzen:20170410090830j:plain

この化け物が私です

f:id:miraisyouzen:20170410090846j:plain

こっちがレオ


クイズやレガッタなど3つのゲームで80人が競い合い

なんと私、総合2位の成績でした。

f:id:miraisyouzen:20170410090905j:plain

1位とは2点差!う~ん惜しい!(タイガは4位、レオは8位でした)

ゲームに関しては熱くなるからなこの家族は。

ちなみにタイガは前回の宝探しダイビング、私は今回のジャングルウォッチングというゲームで1位でした。


私が感動したのはこちらの霧箱という装置。

f:id:miraisyouzen:20170410090935j:plain

空の高いところを飛ぶ飛行機の姿は見えなくても、飛行機雲を見れば飛行機が通ったあとを観察できるのと同じように

蒸発したアルコールを急冷することで、その中を放射線が通るとアルコールの蒸気が集まって飛行機雲のような霧が見えます。


実際、箱の中では、すいっ、もやもやっ、と霧が幾筋も見えて、こんなに放射線が飛んでいるんだーとびっくりしました。


それと、ちょっとショックだったのは「あなたの知らない音の世界」という展示です。

ヒトは20~20000ヘルツの音が聞き取れるということですが

私、20ヘルツも40ヘルツも全然聞こえませんでした。高い音も17000ヘルツが限界。

歳をとると高い音が聞こえにくくなるといいますが、私の耳ももうだいぶガタがきてるんだなあ。

ちなみにタイガは20~22000ヘルツまで聞こえました。若いっていいね!


たくさん遊んで勉強にもなってとても楽しい施設でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

エイプリルフール

タイガが、ポケモンカードゲームの公式ホームページを見て

「ルールが変わった!」と大騒ぎしています。


そして私にi-padを見せながら説明するに

 

f:id:miraisyouzen:20170409191400j:plain

f:id:miraisyouzen:20170409191408j:plain

 

リアル・タイム・ストラテジーって言うんですかこれ

山札ひき放題、エネルギーつけ放題、逃げ放題、道具つけ放題に進化し放題

なんかわやくちゃじゃないですか


はい、詳しくは動画で↓


タイガは、「もう大会出ない。うちだけでする」と、打ちひしがれています。


このルールってデッキに入れているカードひき系のサポーターが全然意味なくなるってことじゃない?

先日新しい拡張パック出して買わせておいて、すぐさまルール変更でそのカードを使えなくするなんてなんたる横暴な!

どうデッキ組めばいいのか・・・と私も憤慨するやら悩むやら。


しかし


それって全部


エイプリルフール!


ルール変更は大嘘でした!


もちろん公式ホームページのタイトルにはどうどうと【エイプリルフール企画】と書かれており

動画の最後でもホームページのもう少し下でも「嘘でーす」とネタバレしています。


しかしタイガが、そこを見せないように上手に私にi-padを見せて

すっかり私は信じ込んでいました。

つまりタイガは嘘だと知っていて私を騙そうと一芝居していたのです。


やられました~

私の人生で最大に騙されたエイプリルフールでした。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村