タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

太陽光発電

新しく家を建てる時

屋根の上に太陽光発電を乗せるか乗せないかで悩みました。


10年前に今の家を建てた時も、太陽光発電のことはちょっと考えて

でもその時は、先立つ資金が無かったし

ざっと計算してみても、月々の売電で得られる収入と、初期費用が15年くらいでトントン

太陽光パネルはもって15年なので、それじゃ初期費用をストックしておいて月々引き落としてるのと変わらないじゃないか、と思って設置はやめました。


今回も売電収入で初期費用を上回る利益が出るとは思えなくて

私は、別に無くてもいいんじゃないの、とゆー考えだったのですが

夫が、HEMS(家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで表示するタブレット)に興味津々で

電力使用量などを視覚で実感できるのは子供たちが省エネに取り組むにも有用なのではないかと言うので

まあ建設費用はすべて夫持ちなので、欲しいのならどうぞご自由に、と太陽光発電を屋根に乗っけることにしました。


ただし、売電収入は二の次なので、作った電気を全部売る全量買取ではなく、災害時には自分のとこで発電した電気が使える余剰買取の設定にしました。

全量の方が、余剰より売電価格が高いので、ほとんどの方が全量で契約するそうです。

でも、なんらかの災害で電気の供給が停まってしまった時に、自分のところに発電装置があるのに停電したままってゆーのはなんか悲しいような。

災害時の備えとして太陽光発電をつけることにしました。


とは言うものの、晴れた日にHEMSで「○○kw発電しています」「売る電力○○kw」の表示を見ると

おー、頑張って電気作ってるなーと嬉しくなります。てへ、ゲンキンなもので。


しかもこのHEMSくん、テレビも視聴出来るそうな。

これまで見たい番組がかち合った時は、一方を録画するか、電波状況が悪くてしょっちゅう固まるお風呂持込用テレビ受信可DVDプレーヤーで見るしかなかったのですが

これからは小さい画面とはいえけっこうな画質でおうちのどこでもテレビを見ることが出来ます。

さらにケーブルテレビさんからも、テレビ視聴と録画持ち出しが出来るi-padminiをもらえる(無料貸し出しです。差し上げません)そうなので、なによーもうひとり一台テレビ三昧?ってな環境になるのですが

そうそうテレビばっかり見てるわけじゃにですからね。今でさえハイテク機器まったく使いこなせてませんから。

 

そんなこんなのHEMSさんですが、電気屋さんがこれまでに全量買取のケースしか取り扱ったことがなく

余剰買取の機械の設定がいまいちうまくいってないような・・・

いつ見ても「使用電力」が「発電量」を上回っていて、何故だ!?と思っていたら設定が間違っていたようでして。

ちゃんと発電した電気売ってるのかなーどうなのかなーとちょっと心配です。

それは直してもらいましたが、未だに発電していない時にエラー表示が出るのは通常なの?異常なの?

うむむむまだよく理解しきれていないHEMSさんなのでした。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村