読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

猫が行方不明

生活

8月下旬に新しい家が完成しましたが

引越しが面倒なので、のらりくらりと元の家で暮らしていました。

しかしもうさすがに引っ越さないとヤバいだろうとゆーことになり(実際に住んでないと住宅ローンや税金がどうたらこうたら)

昨日とうとう必要最低限の布団や食器などを運び込み、とりあえず私と子供たちだけ新居で初めてお泊りしました。

隣なので引越し業者には頼まず、自力で荷物をちまちまと運んでいます。

もう100往復くらいすれば引越し完了かしらー。ふー。


今日も朝から、旧宅で荷物を積め、新居に運ぶとゆー作業を何往復か繰り返しました。

しばらくして、猫くんの姿が見えないのに気がつきました。


猫くんは昨夜は夫と旧宅で過ごしました。

朝、7時半ぐらいに私が旧宅に来た時は、ちゃんと2階にいました。


セドナー」と名前を呼ぶと、どこかで「にゃー」と返事が。

探しても、いません。


また名前を呼ぶと、「にゃー」

でも、どこから声がするのかよくわからず、何度も呼びかけると猫も飽きたのか返事をしなくなりました。


どこかに閉じ込めちゃったのかなあと、食器棚や納戸や寝室やロフトや押入れを探してみたけど

猫の姿はありません。


気にしつつも、引越し作業を続け、お昼前に「猫がいないから探して」と子供たちも旧宅に連れて来て一緒に探しました。

セドナ」と呼ぶと、どこかで「にゃー」と声がします。

どこかにいるはずなんだけど、それがどこなのかさっぱりわかりません。

数回応答があったけれど、呼び続けると返事をしなくなり、再び1階も2階も屋根裏も探したけれど

どこにも猫はいません。

お昼ごはんを済まして再度探しに来た時は、何度呼んでももう返事はありませんでした。


もしかして、外に出ちゃったんだろうか。

セドナは家の中だけで飼っていたので、外には慣れていません。

もし外に出て車に轢かれでもしたら・・・


家の周辺も名前を呼びながら探したけれど、どこにもいません。


警察に電話しました。


迷子の犬・猫が保護された時は、保健所と警察に連絡が行きます。

今日は祝日で保健所がお休みなので、とりあえず警察に電話しました。


ところが、警察の落し物係(犬猫の迷子は落し物係担当なんです)も、今日は担当の人がお休みだそうで・・・

でも、電話を受けた非番のおじさんが話を聞いてくれて、該当の猫が届いたら連絡してくれるとのことでした。


外に行っちゃったのかなあセドナ

荷物を運び中とはいえ、今日はそんなに大きいものは運んでいないので、玄関のドアは開けっ放しにはしてないつもりだけど

玄関で荷物を持って手間取ってるうちに足元からするりと抜け出しちゃったのかなあ。

ベランダから落ちたのかも、と思ってベランダ下の植え込みも念入りに探したけれどみつかりません。

外に出て誰かに保護されてたらまだいいけど

一番怖いのは、家の中でどこかに閉じ込められて誰にも見つけられないまま弱って餓死しちゃうことです。

でも、家の中はいくら探してもいないんだよー。どうしよう。どうしよう。

夫は今日、学会だか研究会だかで留守だし。

わーん、セドナー、どこにいるのー?


夜、新居で子供を寝かしつけた後にまた探しに行きましたが

ダメです。

どこにもいません。

セドナは心配だけど、家に寝ている子供たちだけ残しておくわけにもいかないので、夫にSOSのメールをして新居に帰りました。


夜0時過ぎ、夫が帰って来て、「セドナがいたよ。」

わーん、夫、ありがとう。頼りになるぅ!


でも、どこに!?


夫も最初、外を探したそうです。

でも、みつからなくて

なんと、セドナが隠れて(隠されて?)いたのは

キッチンの、ガスコンロの下の引き出しの中でした。


ガスコンロの下!

鍋やフライパンを入れていた大きい引き出しです。

セドナが入り込んだのに気付かずに私が閉めちゃったのかな。セドナごめんよー。


みつかってよかったよかったよかったよー。

すぐセドナに会いに行きましたが、なでると喉をゴロゴロ鳴らして、思ったより元気そう。

でも、半日以上水も飲めず閉じ込められていたので心配です。

夫によると、ゲボはしてたけど、うんちもしっこもしてなかったって。

ずっと我慢してたのかーつらかったねー。


子供たちにセドナがみつかったことを伝えると

「え?あそこの引き出し、僕、開けてみたのに・・・」

うーん、タイガが上の引き出しを開けた時、たまたま下の引き出しにいて

下を開けた時は、奥のスペースにいたのかな?


警察にまで電話しちゃったけど、猫くんが無事にみつかってよかったです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村