タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

マラソン大会

少年団のマラソン大会がありました。

1~2年生は1.5km、3~5年生は3km、6年生は4.5kmを走ります。


私もレオにつきあって1.5kmほど走ってみようかなと

列の一番後ろをちんたらついて行きました。


しかし、そろそろ1.5kmコースの折り返し地点に近づこうというのに

いっこうに折り返して来るレオとすれ違いません。


あれー?と思いながら1.5km折り返し地点に到着。

どうやらレオは、この先の3kmコース折り返し地点まで行ってしまったようです。


私はとてもじゃないけど3kmも走る元気がないので

1.5km折り返し地点に留まり、復路のレオと合流して一緒に走ろうと待っていました。


しかし、いつまでたってもレオが帰って来ません。


3km折り返し地点まで行って帰って来た1~5年生がどんどん通り過ぎて行きます。

あれー?へんだなー?


ついには4.5kmコースの先頭の6年生が帰ってきました。

そのまま立ち止まっているのも寒いので、私もゴールまで戻る事にしました。


ゴールでは役員の方が「レオくんがまだ戻ってないのですけど」と心配していました。

そうだよね~。3km走った子はもうみんなゴールしてるみたいなのに。

レオどうしたんだ?

まさか途中でうずくまってるとか、コースを逸れてどこかに行っちゃったとか?


そのうち、タイガが帰ってきました。

タイガはノルマ3kmですが、4.5kmコースを走って来たとのこと。

そういえば、「持久走好き」って言ってたなあ。

「レオ知らない?」と聞くと

「ああ、奴も4.5kmまで行ったよ。」


えええええーっ?

1年生は1.5kmでいいのに

なんで4.5kmも走ってるの?

私には理解不能(←常日頃できるだけ楽をしようと思っている人)


それからさらに待って待って待って

ようやくレオが帰ってきました。

もちろんタイムは1番遅い、最後尾でのゴールでしたが

いやはや、すごい。

チャレンジ精神もすごいし、最後尾でも気にせずマイペースで走っているのもすごい。


今回、6年生じゃないのに4.5kmのコースを走った男子は、レオとタイガと5年生一人。

タイガもみあげたものだけど、レオのすごさになんか存在が霞んでしまったよ。

ってゆーか、学年で3位までのタイムの人は景品が出たのですが

4年生でただひとり長いコースを走ったタイガは、3km走った他の4年生全員よりタイムが遅かったので景品無し

「距離別タイムにしてくれ~」と荒れていました(笑)


そして翌日、筋肉痛に苦しむタイガと私、ケロッとしているレオがいたのです。

レオ、あなたの強さに感服だよ。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村