読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

トイレットペーパーの二連ホルダー

生活

新居になって、トイレットペーパーホルダーが二連式になりました。

二連式のホルダーって、いつもは手前のペーパーを使って、もし手前のペーパーが無くなった時に奥のを使うもの

つまり、奥のホルダーはもしもの時の予備的なものという認識ですごしていたのですが

奥のペーパーも日常的に減ってきています。


私と同じ認識だった夫も気になったようで

「誰か奥のペーパーを使ってる。『紙は手前から使いましょう』とトイレに張り紙でもするか!」と言い出しました。


いやいやいやいや。いきなりそんなみっともない張り紙しなくても口頭で「トイレットペーパーは手前から使ってね」と伝えれば済むことじゃない?


とりあえず、誰が奥のペーパーを使っているのかも知りたかったので、タイガとレオに質問してみました。

「トイレットペーパーは、奥か手前か、どっちを使っていますか?」


すかさずタイガ「多いほう」

レオ「俺も」


あ、あなたたちふたりともですか!


しかも、多いほうって、それ一番あかん使い方・・・

ふたつのトイレットペーパーが同じように減っていった場合、両方同時になくなる可能性があります。

手前のペーパーを使おうとして残り5cmだった時、奥のペーパーに手を伸ばしてそこも残り5cmしかなかった場合、めちゃくちゃ悲劇です。


あのね、奥のトイレットペーパーは、もし買い置きがなくなった時でもそれでしのぐための大事な生命線だから、普段は手前から使ってね

と、子供たちには説明しました。


しかし、多いほうを使うという発想が私にはなかったので、子供たちがふたりとも同じ使い方をしていたなんて面白いなあと思いました。

筆箱の鉛筆を長いのから使うとか、そういった感覚なのかしらね。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村