タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

算数の問題集を買ってみた

ではいったいどういった宿題なら苦痛に感じずやれるのか


それは、前回と同じ問題じゃなきゃいいだけなんですけど。

で、お試し的に、私が問題を用意してそれをやってみることにしました。


ただし条件があって、やるのは「宿題に出ているドリルと同じ単元の問題」に限ります。


えーっと・・・

タイガって今、算数の教科書、何習っているの?


まず母、3年ぶりくらいに息子の算数の教科書を開きました。

(前回はたしか1年生か2年生の時に、0時が午前か午後かあいまいだった時だったと思います)


家庭学習でちょこちょこ勉強をしてはいるのですが、これまで算数の問題としてやっていたのは

『きらめき算数脳』『算数ラボ』『宮本算数教室シリーズ』など、パズルやクイズげた本ばかりでして

算数の教科書に沿って単元に分かれている問題集というのは持っていません。


教科書でざっと学習内容をつかんで本屋に問題集を探しに行きました。


1年生の時に『スーパーエリート問題集』ってのをやったことがありますが

あれは面白かったわーと思って探してみるも

3年生までしか無いのですねこの問題集。

『トップクラス問題集』ってのもあったはず

と探してみても、これも4年生まで。

中学受験用の問題集は学年単元別になっていませんし

ようやくみつけたのは『標準問題集』というのと、『ハイクラステスト』という問題集でした。


とりあえず『ハイクラステスト』を買って来ました。

中身は標準クラス問題とハイクラス問題に分かれているので、標準クラス問題はほっといて

ドリル2巡目の宿題の代替としてハイクラス問題だけをやることにしました。


タイガが解けなかった時にはヒントや解説がいるかなと思って

一応タイガがやる前に同じ問題を私も解いてみましたが

かなり私の頭が錆びついてることが判明しました~。

体積の問題とかけっこう悩みました。お恥ずかしい。


しかし、学校で出された普通のドリル問題ならちゃちゃっとやって10分で終わるだろうに

(しかし取り掛かる前に嫌だ嫌だでぐだぐだになるのでなかなか終わらないんですけどもね)

私が用意した問題をやるとなると30分もしくはそれ以上かかりますよ。

それでいいの?とタイガに聞くと、問題が難しくて時間がかかってもやりがいがあるから楽しい!んだそうです。


まあこれで本人が意欲を持って取り組めるならよかったです。


そういった経緯で

足の怪我があるので登下校は付き添って送り迎えしていますが

今は嫌がることもなく穏やかに学校に行けています。

 

 ハイクラステスト算数 小5

ハイクラステスト算数 小5

 

 ↑解説はあまりくわしくないです

 

スーパーエリート問題集 さんすう 小学1年[新装版] (中学受験を目指す)

スーパーエリート問題集 さんすう 小学1年[新装版] (中学受験を目指す)

 

 ↑これ面白かったです。高学年向けがなくて残念

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村