読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

タニシがけっこう面白い

生活

レオが生活科の授業で観察するザリガニを捕まえに行った時に

枯れ木も山のにぎわいと一緒に連れて来たタニシですが

こいつらがけっこう新たな発見があって面白いです。


うちに来た翌日、レオが水を替えて水槽の掃除をしていると

「こんなのがくっついてた」と、なにやら小さな小さなツブを持って来ました。


よくよく見ると、大きさが2mmほどの巻貝。


ええっ、これってもしかしてタニシの赤ちゃん?


でも、卵じゃなくていきなり赤ちゃん?

いやいやもしかしてちっこいカタツムリが水槽にまぎれ込んでいただけかも

カタツムリなら肺呼吸だから水につけたら死んじゃう

おまえはいったいどっちなんだ!?


と調べてみたら、タニシは殻のなかで卵をかえすので

いきなりミニタニシ出現!の事態になったようです。

この子は、タニシの赤ちゃん!


へー、タニシって卵胎生なのかー

ん?ちょっと待って

用水路や小川の側面のコンクリにピンクの卵がうじゃうじゃついてて

あれってタニシの卵だと思ってたけど、違うの?

f:id:miraisyouzen:20160719103117j:plain

イメージ画像・これですこれ↑気持ち悪すぎなんですけど~


そこでさらに調べてみると、あのピンクの卵の親はスクリミングゴガイという巻貝で

別名ジャンボタニシと呼ばれてはいますが、タニシとは別物、要注意外来生物なんだそうです。


はー今まで知らなかったこと勘違いしてたこといろいろ発見があってためになりました。

そして、タニシちゃんたちはそれからもツブツブ増え続け、時にはザリガニに捕食されながらも、今でも勢力を伸ばしております。

 

f:id:miraisyouzen:20160719103039j:plain

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村