タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

国語力基礎検定と、タイガの国語の苦手分野

タイガが4月からZ会の国語を受講している関係で、6月に国語力基礎検定を自宅受験しました。

その結果が返ってきました。


タイガの判定は、基礎1級

f:id:miraisyouzen:20160720083654j:plain

上記の5つの能力がどれも80%以上あると1級、90%以上で特級になります。


そして、タイガに寄せられたアドバイスメッセージを一部書き出してみますと

《読む力》ことばの決まりの理解が十分ではありません。教科書などを利用して確認しておきましょう。

《書くための力》ことばのきまりに従って書くことは、文章を書くための第一歩です。学習しましょう。

《文化・教養的国語力》自分が「伝えたい」と思うことが、正しく相手に伝わるように、ことばの決まりについてもっと学んでいきましょう。


はい、このたびたび出て来る「ことばの決まり」

つまり、文法がさっぱり出来ていませんでしたよ~ってことですねー。

なるほど、主語・述語・修飾語を答える問題で、全部述語と修飾語を逆に書いています(さすがに主語は分かったらしいですけど)


その他のアドバイスは

《聞く力》話の内容や語り方から、話し手の考えや状況を理解し、心を寄せる姿勢を身につけましょう。

《話すための力》相手の話の中に出てくる人と自分との関係を考え、敬語を使えるように学びましょう。

あとは、心情理解と敬語ですね~。


一方、能力細目別到達度ってところを見ると

「文字・漢字を正しく読む」「文字・漢字を正しく書く」「目的に応じた文章を書く」「(聞いて)自らの思考の材料とする」「共通の理解に向けた意見交換」は100%の到達度でした。


Z会、入会してはみたものの金額のわりに問題は少ないしどうなのかな~って感じでしたが

面白いテストが受けられてよかったです。

タイガのあいまいになっている分野がわかったので

夏休みは、文法と敬語を勉強してみようと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村