読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

過剰歯を抜歯するのがけっこう大変だった件

普通より永久歯が2本多いと診断されたレオ。

夏休み中に過剰歯を抜いてもらおうと決心して、いつも通っている歯科医院に電話をしたのが7月上旬。


過剰歯ってすぐ抜いてもらえるのかと思っていました。

診断されてすぐその場で抜かれたという話を聞いたことがあったし

私も大学生の頃、八重歯を歯医者でその場で抜いてもらったことがあったので。


しかし、その歯医者さんの話によると

レオの過剰歯は抜くのが難しいそうで

大きな病院の口腔外科に紹介状を書きますのでそちらに行ってくださいと言われました。


紹介状を取りに行くと、「これを持って行くとすぐに診てもらえますから、いつでも都合の良い時に行ってね」って感じで

抜くと数日はダメージがあるだろうから、スポーツの大会やキャンプや旅行などイベントがある週は避けて

とか考えていたら、ようやく口腔外科に行けたのは8月の上旬でした。


しかし、スケジュールを考えに考えて行った日は、紹介状の宛名の先生の診察日ではなく

また明日いらしてくださいと受付で門前払い


なにが「いつでも行ってね」だー。

事前にしっかり予約が必要でしたね。


そんなこんなで、翌日に改めて診察を受けて

しかも抜歯は当日ではなく、手術日に予約を入れてからで。


手術がある日も週に2日だけ。翌日に消毒が必要なので、祭日やお盆の前日も不可。

来週もダメ、再来週もダメ、その次も予約がいっぱい。

で、ようやく今日、抜歯となりました。


左の過剰歯は、局所麻酔で抜歯

右側は歯肉を切開しなくてはならないので、全身麻酔が必要とのことなので

今回はとりあえず左側だけ抜くことにしました。


キシロカインの麻酔を注射して

ぐいぐいとエレベーターを挿し込み

すごく痛かったらしく再度麻酔を追加して

ついに抜けましたレオの過剰歯


すごくしっかりした大きな歯です

7月に抜けた元々その場所にあった乳歯と比べるとこんなに巨大

 

f:id:miraisyouzen:20160831195323j:plain

こんなに立派な歯を抜かなきゃいけないなんてもったいなかったです。


その日は鎮痛剤を処方され、抗生剤は無し。

「痛くなかったら飲まなくていいよ。」と言われたので「え?歯を抜いて痛くないことってあるんですか?」とびっくりして聞くと、「あるよ。」


へえー、そうなんだー。と思っていたら

レオはすでに帰り道で痛い痛いと訴えるので、帰って速攻鎮痛剤を飲みました。


夕飯、食べられるのかな、と心配していたら

まだ5時なのにお腹がすいたお腹がすいたとうるさくて

100gのおにぎりをぺろり

その後、カレーを何杯もおかわりし(沁みるかと思っておにぎりを作ったのに、カレーも平気のようです)

その後さらに食パンを食べていました。

いつもよりたくさん食べてるじゃん!


とりあえずまあ食欲もあるようで、心配したほど消沈していなくてよかったです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村