読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

レオ子猫を拾う、しかし彼は・・・

レオ小2

ピンポーン!ピンポーン!と慌しく玄関のチャイムの音

何ごと?とドアを開けると、さっきスポーツ少年団の練習に出掛けたレオの姿が。

胸に抱いているのは小さな黒い子猫。


途中の道路でみつけて

うろうろして車に轢かれそうだったから連れて来たんだって。

子猫を夫にわたすと、レオは再び練習に急いで行きました。


ノラ猫らしき子猫ちゃん

夫とタイガが動物病院に連れて行き

目ヤニと鼻水がひどいので、抗菌剤とインターフェロンの注射をして

シラミがついていたので駆虫のスプレーをして

(タイガはシラミを顕微鏡で見せてもらって、外部寄生虫の本で調べたところ、ネコハジラミだったと言っていました。)

爪きりをして餌をやって

元気になったら飼ってくれる人をさがすとしましょうか。

f:id:miraisyouzen:20160924153851j:plain


レオが帰って来て

子猫ちゃんどうしてる?と動物病院の入院室に見に行ったのですが

実は、レオは猫アレルギーでして

外などオープンの場所でなでなでするくらいは大丈夫ですが

猫の毛が落ちているであろう部屋にいると

目が痒くなり、鼻水、咳が止まらなくなります。

一応、水泳ゴーグルをつけて行ったのですが

数分後、「目が、目が・・・」と逃げ帰って来ました。

両目が、殴られたみたいにパンパンに腫れています。

ああこれは無理。せっかく拾ってきた猫ちゃんだけど

触れあうのはあきらめてください。

飼ってくれる人がみつかるといいなあ。

 

f:id:miraisyouzen:20160924153915j:plain

(そして他にも居候猫がたくさんいるのでした)

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村