読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

素直というか洞察力が無いというか

タイガとレオと私の三人でトランプの大富豪をして遊びました。

7回戦して、レオは一回も大富豪になれず、しかも最後の回でド貧民(最下位)だったので

気分が落ち込みしくしく泣きだしました。


ああまたか、困ったなあ

レオはゲームに負けると超不機嫌になって物に当たったり泣いて部屋に閉じこもったり

ほんとに手を焼きます(しかしおそらくそれは私の子供の頃の性格に似たのでしょう)


ここでタイガが再びトランプを配り始めました。

どうするのかな?と思っていると

2や絵札など強いカードを集めた山札がひとつ、その他の弱いカードの山札をふたつ作り

「レオ、もう一回やってみよう」と誘っています。

嫌がるレオに、「まあまあ、手札だけでも見てみたら?」


おいおいおい

そんなあからさまな工作された手札で

インチキだってバレバレじゃーん

レオだって、「バカにしてる!」と怒るんじゃない?


と思いきや

自分の手札を確認したレオ

嬉々として大富豪を始めました。


え?

何も疑問に思ってないの?


そして、あたりまえにレオの大勝利

レオ、すっかりご機嫌。


えええええ?

単純すぎるだろー!

まあ、機嫌が直って良かったけどさ。

タイガ、ありがと、グッジョブ!


レオも、タイガが自分を勝たせようと気をつかってくれてるのがわかったから

あんなあまらさまなインチキに気付かない振りして喜んでたのかな、なんて思ったんだけど


翌日、学校から帰って来たレオが

「今日、楽しかったことを話す機会があったから、昨日の大富豪のこと話したよ。

 一番悪いカードがJだったなんて、すごい手札だったよね!」と目を輝かせて話すんです。


この人、タイガがカードを細工してたことにこれっぽっちも気付いてないわ・・・


「そ、そうだね。すごい偶然だよね。」と話を合わせる私。


レオ、素直なのはいいけれど

ちょっとは物事を疑ったり疑問に思ったりした方がいいと思うのよ。

将来あなたが詐欺にひっかかったりしないかすごく心配です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村