タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

全国統一小学生テスト2016秋の結果(小5)

さて、全国統一小学生テストの結果は今までは保護者を集めて一斉返却出題傾向や入試のお話付きってパターンでしたが

今回は、個別返却10分程度の面談付きでした。

面談での話はタイガのことばかりで、2年生のレオのことはまったくこれっぽっちも触れられませんでした。

まあレオは特に特徴の無い普通の子だからね。


しかしタイガに関するお話も

今回は「いったいどうしたんですか!」って感じで

つまり今回、社会がすごくすごく悪かったのです。


これまでのタイガくんの成績からしてこれはいったいぜんたい何がおこったのか

もしかしたら解答欄の記入を間違えたのかもしれませんね・・・と心配されてしまいました。


確かに、正誤表を見ると社会の後半がボロボロですね。

素で出来なかったにしても解答欄を間違えたにしても

それはタイガの頭が悪かったということですよつまり。


というわけで、偏差値でいうと

理科>国語>算数>>>>>社会

という結果でした。

4教科の偏差値は60台でした。社会が足ひっぱりすぎですね。

塾の先生には、「塾に行ってなくてこの成績ならたいしたもんですよ。」と慰められましたが。


1年生からの偏差値の推移をみると

タイガは算数に比べて国語が・・・ってイメージだったのですが

なにげに3年生以降は国語も60以上をキープしているので、読解力はついてきたのかな。


理科も4年の春に初めて受けた時はひどいものだったけれど、その後は60以上をキープしています。

でも、特に家で勉強しているわけでもなく成績が上がったというのはなんなんでしょうね。

単に出題範囲によるものなのでしょうか。


今回初めて60を切ってしまった社会も、特に家で勉強する教科ではないので

あえて対策をとるならば、常識の強化、つまり家庭内での会話でしょうか。

ああそういえば最近はゲームやテレビの時間が多くて会話も減りがちかも・・・と反省しました。


算数のタイガが解けなかった問題を私も解いてみましたが

なるほど、初見で時間制限があったらこれはキツイな~と思いました。

これが時間内にすべて出来る小学生すごい!

でも面白い問題で楽しかったです。

次回の小学生テストも楽しみです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村