読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

参観日で対照的だったタイガとレオの授業態度

タイガ小5 レオ小2

今日は小学校の参観日でした。


まずは1時間目、レオの国語の授業を見ました。

レオは、「どんどん手を挙げましょう」キャンペーンでもしているのか

とにかく積極的に手を挙げる挙げる挙げる。

たとえ間違っていようが、最近の先生ははっきりと「違う」とは言わず、「ふーんなるほどそういう考えもあるんだね」ってファジーな感じなので

レオも気にせずどんどん発表しているよう。

先生もまんべんなく当てたいだろうに、「まだ他にある人?」と聞くとレオしか手を挙げないもんだから当てざるをえない。

一時間に3回か4回、当たってました。(普通、1授業1回だよね)

それは見当違いだからわざわざ言わなくても~と後ろで見ている私はちょっぴり恥ずかしかったです。


国語は、同義語と対義語の授業だったのですが

教科書に載っていた「手紙を受け取る」の「受け取る」と同じ意味の言葉をさがす問題って難しくないですか?

私、「もらう」しか思い浮かばなかったわ。


2時間目はタイガの算数の授業へ。

レオとは対照的に、タイガは「絶対に手なんか挙げるもんか」キャンペーンでもしているのか

まったく手を挙げることはありません。

後ろからノートを覗くと、問題は解いて答を書いている。

でも先生が「出来た人?」と聞いても全然手を挙げません。

授業態度悪いな~。

昔はもっと積極的に挙手してたように思うんだけど、どうしてしまったのか。(思春期か?)


それにしても、算数は割合の授業だったのですが

「みんなこれで分かるのかな~」というのが正直な感想。


先生は公式を3つ黒板に貼って、これに当てはめて答を出しましょうってな指導で

例えば、定価の40%引きで1800円で買った靴の定価は? って問題なら

さあこの公式にあてはめて、いきなり 1800÷(1-0.4)って式を書いていました。


えー、そこはまず線分図を書いて、1800円が定価の60%の部分であると視覚的に捉えてからじゃないのかなあ。

それに、公式って必要?と疑問を持ちました。しかも、割合、比べる数、もとの量を求める3種類をそれぞれ別の式にして。


帰ってからタイガに、「割合のとこの公式って暗記したの?」と聞くと

「そんなの覚えるわけないじゃん」と言うので、ちょっとホッとしました。

公式なんて記憶していなくても原理さえ理解していれば自分で式を立てられますからねえ。


「女子は真面目だから丸暗記してるんじゃないの?」とも言っていました。

確かに、君は不真面目だからね。

いや、もっと授業態度真面目にしてほしいんだけど。思春期ですかね?


授業の最後のへんに先生が黒板に問題を書きました。

2000円の服を3割引で買いました。いくらで買ったでしょうか。ってな問題


うん。これは買い物とかでよくある状況だねーと簡単な数字なのでさっと暗算で答を出して待っていると

先生「これはひっかけ問題ですからねー」


えええっ!? と問題二度見してしまったわ。

このストレートな問題のどこにひっかけ要素が・・・

そうやって動揺させて深読みさせて混乱させるのがひっかけなのだろうか?


このように、レオにハラハラしてタイガにヤキモキして先生にびっくりした参観日でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村