タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

インフルエンザ禍

とうとう我が家もインフルエンザの猛火に飲み込まれてしまいました。


まず先発隊はレオ。

咳が出て、38度の熱が。

日曜だったので、休日診療所に行きました。


先日、子供がお正月にインフルで休日診療所にかかったママ友に「診察料値上がりしてたよ」と聞いていたので覚悟はしていましたが

以前かかった時より2倍以上になっていました。


受け付けした時に、レオの熱を測ってみると、37.3度。

あれ?下がった?と思ったけれど、待っている間、どう見ても体が熱そう。

受け付けに、もう一度体温測りたいのですがと言いに行くも、体温計がみんな出払ってしまっていてありませんでした。


そのうち聞き取りの看護師さんが来て、「熱?朝あったのならそれでいいわよ。」と言いながら問診票を持って行ってしまいましたが

その後で、受け付けの人が体温計を持って来てくれて

測ってみると、なんと39.7度!


ちょっとちょっとちょっと、大丈夫なのレオ?


検査でインフルエンザA型と診断されて、院内の薬局でイナビルをもらい、すぐその場で飲みました。


午後からは何度も吐いていましたが、熱はその日のうちに下がりました。


次は私。

月曜の夜から調子が悪くなり、火曜の朝には熱が38度。

タイガも咳が出て、熱を測ると37.2度。

ふたりともインフルだろうと思い、一緒に病院に行きました。


受け付けで再度熱を測ってみると、タイガ37.6度、私36.8度。

あれ?私下がった?


しかし、診察まで待っている間、元気に漫画を読んでいるタイガに比べ、私は寒気がして寒気がしてガタガタブルブル。

私は平熱で大丈夫な人と判断されたのか、タイガが1時間後に先に診察室に呼ばれたのに対して、私は2時間待ち。

いや!一緒に受け付けしたんだから、そこは一緒に診断、検査してくださいよ!


しかも、検査結果がタイガがインフルA型陽性なのに、私は陰性。

いやいやいやいや!これ絶対インフルでしょ!同じ症状で、私の方が熱が高かったんだから!


何年か前も、家族がインフル確定で、私も調子悪くなって検査したら陰性だったことがあるけど

私ってインフルエンザになっても鼻汁にウイルスが出ない特異体質なのかしら。


とりあえずイナビル出してもらって飲みましたけど

帰って測ったら、熱38.7度ありました。確実にインフルエンザですよこれ。


こうして、子供たち5日間の出席停止

ほぼ一週間全休ってことですね。

タイガは2学期の最後のへんも一週間全休だったのに、またか・・・


とりあえず子供たちすぐ回復して元気

私、熱は下がったものの腰痛で動くのが辛いです。


インフルエンザの予防接種をしていて発症した場合

熱が出るのが遅れたり、短時間で上がったり下がったりすることが多いです。

レオもそれで2年前に、「熱が下がったからインフルエンザじゃないでしょう」と検査自体してもらえず

一週間長引いて苦しい思いをしたことがあります。

いっそ予防接種をしていなかったら、熱がざっと上がって早めに診断出来てすぐ薬を飲んで即治るのになあと、予防接種に対してジレンマを感じることがあります。


レオが熱を出す前日に一緒に遊んだ友達にもうつしてしまったんじゃないかと心配して、「大丈夫?」とメールしてみたら

その子は予防接種もしていないのに超元気だって。

感染するかしないかは予防接種に関係なく、要は個人の体質なんでしょうかね。


予防接種のメリットは確かに、今回のタイガのように症状が軽くすむということでしょうが

症状が軽くて診断が遅れると出席停止期間も長引いてしまうので

予防接種をした場合のウイルス排出期間を疫学調査して、接種した場合はしていない場合に比べて出席停止期間が短くてよいってことになれば

集団接種率も上がって流行も抑えられるんじゃないかなあ、なんて思いました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村