タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

えっ!?無いっ!!……旅行で大失敗

春分の日に夫が休みがとれたので、前日から泊りがけで家族旅行に行くことにしました。


どこに行きたいか子供たちに希望を聞くと

鈴鹿サーキット


鈴鹿サーキットは、オフィシャルホテルのキャラクタールームに泊まって

夕飯バイキング、温水プールと堪能するのが醍醐味。

宿泊特典で、遊園地にも通常の開園時間より早めに入れます。


しかし、一か月前に予約を取ろうとしても、すでに部屋は満室でした。


それでは、と

ママ友が「いいよ~」と言っていた、志摩スペイン村パルケエスパーニャをあたってみましたが

こちらもオフィシャルホテルに家族4人で宿泊できる空きはすでに無し。

(オフィシャルホテルだと二日間の入園券がついてくるのでお得なんです)


しまったあ~、すっかり出遅れています。


では、では、浜名湖方面はどうでしょうと

子どもたちがお気に入りのホテル、舘山寺温泉の九重とウェルシーズンを検索してみても

どちらも満室。


・・・・・

ちょっぴり途方にくれました。


金沢はどう?長野で星をみるとか?島で蛸料理三昧などあれこれ考えて

あまり遠くなく、子供が遊べて、安く泊まれて、人があまりいない所

なんて家族みんなの意見を織り交ぜて

最終的に決まったのが

浜松市のフルーツパーク

前日は乳岩峡なる所でハイキングして新城市宿泊です。(浜松にホテルがとれなかったから)


うん。今まで聞いたこともない観光地です。

人も少なそうですね。


こうして、19日の午前は仕事をして、午後から出発

高速で2時間

乳岩峡はロッククライミングが盛んらしく、駐車場は思っていたより車が多かったです。


なんとか車が停められるスペースを見つけて、さあ!山登りだ!と勇んで車から降り

後ろのトランクを開けた夫が、血相を変えて叫びました。


「カバンが無い!」


えっ!?


そう言われてみると、荷物をあれこれ詰め込んだボストンバッグを、車に積んだ記憶が無いです。


荷物・・・

家だね・・・


ものすごくショックです。


でもまあ忘れてしまったものは仕方ないです。

「とりあえず山に登ろうか~」と気持ちを切り替える私、特に何も気にしていないタイガ。

それに対して、「荷物、取りに帰って・・・」とグダグダになるレオ。


いやいや、往復4時間かかるし、高速料金も1万近くかかるよ。

お財布はあるから大丈夫だよ。必要なものは現地で買えばいいし。

と説明するけれど、テンション下がりまくってムスッと不機嫌になるレオなのでした。


カバン忘れたのは私のミスです私が悪かったですごめんなさいですが

忘れ物なんてちょくちょくあることですよ。

忘れ物ではありませんが、昔、タイに旅行した時に、帰りの乗り継ぎで飛行機が飛ばなくて

急遽香港で一泊することになったことがありました。

本荷物は預けていたので、手元にはちょっとした機内持ち込みのカバンしか無くて

着替えはもちろん、コンタクトレンズのケア用品とか化粧道具も無くて

ちょっと困ったけど、結局はどうにかなるもんです。

ほんと、そんなにうじうじ悩むなよって感じ。


ここで、夫からもとある体験談を一言

「旅行に、財布忘れていく人もいるんだからさ」


そう。彼女と旅行だというのに、財布を持たずに来る男。それが夫。

信じられないよねー。即、別れ話物件だよね。


空港のホテルに缶詰だった香港に比べて

ここは日本。買い物も自由に行けるし、日本円も使えるし、日本語も通じる。

なんら困ったことは無いよ。財布はあるし。


さあ、私の大失敗でレオのテンショングダグダな旅行の幕開けです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村