タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

ロボカップジュニア ジャパンオープン2017

25、26日と岐阜県中津川市ロボカップジュニアの日本大会があったので

タイガとふたりで行ってきました。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143501j:plain

中津川といえば栗!なので、栗をデザインしたマスコットキャラ


中津川ってどこ!?どうやって行くの!?

調べてみると、電車を乗り継いで2時間、さらに会場までバスで20分。

電車は1時間に一本しか無いので、9時半までに着こうとすると、5時起きで準備して6時半の電車に乗らなければなりません。しかも二日連続で。


どうにかこうにか会場にたどり着いたものの、参加証を持ってないと中に入れないのに

先に受付を済ませて参加証を持って中にいるチームの子が全然外に探しに出てくれなくて連絡つかなくて焦りました。


それと駅からのシャトルバスが電車の発着時刻と全然連動していなくて

電車は06分と36分に駅に着くのに、バスは00分、30分の発車で

バス停で20分以上ぼーっと待たされるのは困りました。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143529j:plain

会場の東美濃ふれあいセンターはとても立派な施設でした。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143542j:plain

大きな競技場。でもここで大会があったら来るのが大変ですね。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143548j:plain

遊具も楽しそうだ~。今日は遊んでる暇が無いけど。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143555j:plain

えらい苦しそうな彫刻もありました。


さて、ロボカップには、サッカー、レスキュー、オンステージの3つの部門があって

タイガが出場するのはオンステージです。


サッカーは対戦競技で見ていて手に汗握るし、レスキューは目指すゴールがあります。

オンステージは自由度が高いため、演者の技量によって、素晴らしいものになったりまた逆に何のことかわからなかったり

企画力、構成力、デリバリー力が求められる部門です。


さすが地方ブロックを勝ち抜いて全国大会に進んで来たチームの演技は素晴らしいものでした。


タイガたちのチームは、これまで2回地方の大会がありましたが

大会の日に初めて4人が顔を合わせたという、団結力もなにも無いチームです。

段取りも悪く、デリバリーも稚拙。パフォーマンスを見ているのはハッキリ言ってツライものがありました。

他に競合者が無いために全国大会まで来てしまいましたが、他のチームと比べて場違い感が半端じゃないです。


1日目のインタビュー審査、2日目の演技が終わって

もう帰ろうよ~と私がじれていると、タイガが閉会式までいたいと言うのでそのまま残りました。

どうせ入賞は無理なんだから表彰式にいてもしかたないじゃんと思っていると

もちろん世界大会に進める切符を手にする1~3位入賞は出来ませんでしたが

なんと、〇〇賞なる部門で名前が読み上げられ、賞状をもらっていたのでびっくりしました。


演技は低レベルでしたが、組み立てたロボットの構造と技術はキラリと光るものがあったようです。


いや、もしかしてすべての参加チームが〇〇賞なる賞状をもらっていたのでしょうか。

年度末に先生が、「本をたくさん読んだで賞」とか、「掃除をがんばりましたで賞」とかの賞状をクラス全員の生徒に配るように。


とりあえず、移動と待ち時間でとても疲れましたが、賞状を手にすることが出来てよかったです。


ところで、タイガのチームの演技、前回の大会で見た時とちょっと変わっていたので

「ロボットAからbluetoothでロボットBに動作開始の合図を送るようにしたの?」と聞くと

前回の大会でもそのように設定していたんだけど、会場でWiFi使う人がいたのかbluetoothが作動しなくて

それで時間差で作動するようにその場でプログラミングを作り変えたそうで。


えーっ、そう言うのはしっかり質疑応答の時に審査員に言ってアピールしなきゃダメじゃん。

今日も、会場運営の手違いで音量がゼロになってて、音楽が全然流れなかったのをそのまま続けて

審査員に「音楽があればよかったですね。」なんて言われてたけど、何か弁明しなきゃそういう時は。

アピール力が壊滅的に無いですよ・・・


上位チームのパフォーマンスを見て私が感じたのは

 

・タイトルはダジャレや流行語を取り入れる

入賞チームの「鶴の倍返し」は、タイトルだけでどんなんだろうか興味を惹かれます。

 

f:id:miraisyouzen:20170331143645j:plain

書道ロボットの「Show道」とかね

 

・BGMは有名な曲で

マイムマイム、日本昔話のオープニング、ピコ太郎のPPAPなど、曲がかかると「ん?何やってんの?」と思わず見に行ってしまいます。

そこらへんの曲選びも重要ですね。

 

・モチーフ選びでも下調べ

日本大会が岐阜なので、ロボットの動きに高山のからくり人形の動きを取り入れたチームがありました。

こういったテーマ選びもアピールになります。


さて、これらのことをタイガも感じ取って今後に生かすことが出来るのでしょうか。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村