タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

クラス替えと入学式

今日から学校です。

レオは3年生、タイガは6年生になりました。


そして気になるクラス替え

レオもタイガも担任は男の先生になりました。


レオは初めての男の先生でとても喜んでいます。

男の先生はきっと昼休みも遊んでくれるし、厳しそうだからいいんだって。


「へー、レオは厳しい先生が好きなの? 私は優しい先生が好きだけど。」って言うと


「母、優しい人が好きで優しい人と結婚したら

 お酒飲みすぎて酔っぱらって

   ほっぺにチューの跡つけて帰ってくるかもしれないよ。」


え?え?え? さっぱり何言ってるのかわからないんですけどー?


「厳しい人はお酒飲みすぎてチューの跡つけて帰らないの?」と聞くと

厳しい人は自分の生活をきちんと守るからそんなことはしないんだそうです。


そ、そうなのか?


「母は、父が優しい人だから結婚したのに・・・」と嘆くと

父は職場が隣で、仕事帰りにお酒を飲む距離じゃないからセーフだそうです。


よくわからんけど、まあレオが厳しい男の先生で喜んでるのでよかった。


タイガの先生は社会が専門です。

私は社会科分野は不得意だから、学校で先生から歴史小ネタとか聞いて造詣を深めてくれるといいなあと期待しています。


「サバイバルシリーズとか自分で買って学校に持って来てくれる良い先生なんだよ。」とタイガもその先生になって嬉しそうです。

へー、自費で?それはすごいね。と感心していると、そもそも学級文庫って担任の先生が持って来て置いている本なのだそうで

え?そうなの?とまたまたびっくり。

そう言えば去年6年生の教室に入ったら、クラスによって学級文庫に並んでいる本の系統が違っていて

とあるクラスは加納朋子とか置いてあって、ほー小学生で加納朋子かーと目を見張ったけれど、あれは先生の趣味だったんですね。


午前中は始業式、午後からは入学式。

タイガは執行部なので、入学式で1年生歓迎の小劇をやるとかで

急いで昼食を食べて、また小学校に戻りました。

どんなことしてるのかちょっと見てみたい気もします。入学式に潜入しようかな。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村