読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

授業参観と学級懇談

新年度になって初めての授業参観と学級懇談がありました。

1時間の授業のうち、前半はレオ、後半はタイガの授業を見学しました。


レオが帰ってきてから、「僕の発表するの見てくれた?」と言ってたけど

すまん。

後半はいなかったんだよ。

レオ、たくさん挙手してたんだけど、前半はあたらなくて、後半になってあたったようです。

ごめんね。でも、しっかり手を伸ばして挙手の姿勢はすごく良かったのは見たよ。と褒めました。

後で、同じクラスのママ友に「レオくん、すごくしっかり説明してたよ。」と聞きました。

ああ見れなくて残念。


タイガは家庭科の授業でした。

1日のスケジュール表を作ってみて、もっと家族と過ごす時間を増やしましょうというテーマだったような・・・

でもタイガの場合、今でも家族とべったりなのに、これ以上、家族との時間を増やすなんて、睡眠時間と学校にいる時間を減らさないと無理だってば、と思ったのでした。


レオの学級懇談には参加出来なかったので、どんな先生なのかどういった方針なのかわからなかったのですが

噂によると、やはり厳しい先生のようでした。評判は良いようです。


タイガの担任の先生は、タイガから先生の面白い話をよく聞いているので

楽しそうな先生だなあと私のなかではけっこう期待値大で

先日の委員会決めの話にも出てきた児童会長になった女の子のママと話をすると

「うちの子も授業が面白いし、学級文庫が充実していて嬉しいって言ってる」とこれまた評価が高いのですが

なかには「前に受け持ってもらった子のお母さんの反応は『う~ん・・・』ってな感じだよ。」と教えてくれるママ友さんもおります。


漢字ドリル、計算ドリルはあまり重視していない方針のようで

一巡りやればOK!ってゆるい感じなのは、私としては大歓迎でとても嬉しいことなのですが

違うママ友さんと話してみると、「ドリル一回しかやらないなんて信じられない。不安。」って感想でした。

家庭それぞれで先生に求めるニーズは違うんですね。

勉強足りないなと思ったら、弱いところをピンポイントで補強するように問題集選んだりするのが私は楽しいので

個々の学力に配慮せず全員均一の学校のドリルに潰される時間が少ないのは嬉しいです。


それと、驚いたのが

懇談後に、先生とママ達4人ほどでちょっと立ち話したのですが

私が先生にバイオリンの話をふると、先生がバイオリンを披露したことを知っていたママは他1名だけ

あとの2名は「え?先生、バイオリン弾けるんですか!?」ってな反応で、こっちが「えっ!?」ってびっくりしました。

先生がみんなの前でバイオリンを弾くなんて、日常的じゃない重大事件だと思うのですが

子供ってそういうこと、家で親に話したりしないのかなあ。

レオの担任の先生はバイオリンとまではいきませんがギターを弾いてくれたそうで、それも親に報告する一大事件として、家で得意そうに話していました。


ふむ。やはり「家族と過ごす時間を増やしましょう」と家庭科の授業で推し進めなければいけないほど、家庭で子供と親が会話する時間って少ないってことなのでしょうかね。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村