タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

おかざき世界子ども美術博物館

夫の好きな動物肖像彫刻家はしもとみおさんの企画展が催されているということで
今日は、愛知県岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館に行ってきました。

通常なら高速に乗って1時間ちょっとで着くはずが
ゴールデンウィークの渋滞と、渋滞を避けて下道に下りた際に道に迷ったので
2時間半もかかってしまいました。

まずは駐車場横の広場

f:id:miraisyouzen:20170508112914j:plain

f:id:miraisyouzen:20170508112938j:plain

さすが美術館の広場。遊具の色塗りもなんだか前衛的です。

f:id:miraisyouzen:20170508113009j:plain

浮かぶ島

f:id:miraisyouzen:20170508113016j:plain

上で遊べます

f:id:miraisyouzen:20170508113105j:plain

 
さて、広場でしっかり遊んだ後は、はしもとみお彫刻の世界展「木のどうぶつたち」を鑑賞しました。

f:id:miraisyouzen:20170508113129j:plain

f:id:miraisyouzen:20170508113142j:plain

飼い猫たちがすごくリアル
 

f:id:miraisyouzen:20170508113151j:plain

f:id:miraisyouzen:20170508113155j:plain

小ヒツジと小ヤギも可愛い
 

f:id:miraisyouzen:20170508113212j:plain

f:id:miraisyouzen:20170508113216j:plain

サルたちも綺麗

とても素晴らしかったです。夫はさっそく木彫り入門の本を買っていました。

2階には市内の小中学生の作品が展示してあって、これまた素晴らしい出来です。
タイガとレオの通う小学校では図工に時間にせいぜい版画と粘土くらいしかやらないのですが
金属網やダンボール、空き缶など、いろんな素材や技法で工作する機会があって岡崎市の小中学生いいなーとうらやましく思いました。
いろいろ刺激を受けました。

さらにこの美術館の良いところは、親子造形センターが併設されていて
焼き物、工作、ステンドグラスなどが低料金で体験できます。

f:id:miraisyouzen:20170508113922j:plain

私は、兜や恐竜を作るウレタン工作が気になったんだけど、子供たちはそれには興味を示さず
石膏基板に色付けして電子光線で焼き付けるというEBをやりたがったので、いくつか作ってみました。

f:id:miraisyouzen:20170508113437j:plain

f:id:miraisyouzen:20170508113441j:plain

レオ作 ミニオカリナ(400円)
 

f:id:miraisyouzen:20170508113451j:plain

夫作 ミルタンク、タイガ作 牛のキーホルダー(300円)
 

f:id:miraisyouzen:20170508113505j:plain

タイガ作 勾玉チョーカー(400円)
 

f:id:miraisyouzen:20170508113516j:plain

私用にレオにペンダントを作ってもらいました(750円)

ゴールデンウィーク中だというのに混雑していなくて待ち時間無しでやりたいことがどんどん出来るのがいいです。
焼き物は6か月以内に作品を受け取りに来なければいけなくて断念したので
うちの近くにもこんな施設があればいいなあと思いました。
 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村