タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

漢字が苦手なレオの、漢字対策

さて
漢字が苦手なレオ
どうしましょうか

まず、3年生になって習った漢字は何なのか
学校で使っている宿題用の漢字ドリルを開いてみました。

幸い、5月の時点で新出漢字はまだ50こほどです。
どの程度つまづいているのか把握するために
ネット内にある学習プリントで、習った範囲の漢字をレオにやらしてみました。

結果は・・・
えーっとですね
一枚20問ほどある漢字ドリルレベルの書き取りテストですよ
もちろん一回目で全問正解とはなりませんから数日後にまた同じプリントをやってみます。
これをね
5回目やってもまだ間違う漢字があるって
どうなの?
同じ問題ですよ。それを5回やっても覚えられないとなると
どうすればいいんでしょ?

頭をかかえました。

次に本屋へ行って
漢字練習用のドリルを探しました。

でも、意外に教科書で習う順番通りに組まれた漢字の問題集って無いんですよね。

 

小学教科書ワーク 光村図書版 漢字 3年

小学教科書ワーク 光村図書版 漢字 3年

 

 ↑こちらは、読み問題の横に書き問題がある(つまり分からない漢字でも答えが横に書いてある)ので却下


あとは、ドリルの王様くらいしか教科書準拠のものはみつかりませんでした。

 買おうかな、と悩みましたが

これ買うのなら学校の漢字ドリル(ポチタマのやつです)でいいんじゃない?と思ったので
結局、買わずじまいです。

では、すでに持っているドリルを活用しましょうということで

 これ↑調べて覚える3年の漢字辞典ドリル

 
このドリルの良いところは
ひとつの漢字に対して、例文が8こ。つまり8通りの熟語が書いてあります。
本屋を数軒回って漢字ドリルをチェックしましたが、こんなにたくさん例文が載っているものは他にありませんでした。

レオの書き取りテストをしてみて気づいたのが
「きる(着る)」は書けるのに「つく(着く)」が書けない
「てそう(手相)」は書けるのに「あいて(相手)」が書けない ←完璧同じ字だよおい!
つまりひとつの漢字で何通りの読みをするのに混乱しているようです。
なるべく例文を多く目にして、ボキャブラリーを増やすことが必要だと思いました。

ただ、この本の漢字練習は、同じ漢字ばかり続けて書くことになるので、その字をマスターしたかどうかの確認テストには不向きです。
覚えた範囲の例文をExelにでも打ち込んで、ランダムで並び替えると確認にも使えるかな~と考えています。

手順としては
「調べて覚える3年の漢字辞典ドリル」で新出漢字の練習(一日多くても四字程度)
   ↓
確認漢字テスト
   ↓
間違ったものを抜き出して再度テスト
これを繰り返しました。

確認漢字テストは、新出漢字の音読みと訓読みを網羅するように自分で作りました。
ただ、昼間はレオが学校に漢字ドリルを持って行ってしまっているので、現時点でどの漢字を習っているのか把握出来なくて困りました。(ネットで見られる3年生の新出漢字表はたいがいあいうえお順なんだもん)
あ、漢字ドリルの目次をコピーすればいいんだ(実際はデジカメで撮影)、と気づいてからは作業がはかどりました。まず最初にそれをしなきゃいけなかったのね。

こうして、漢字練習を強化すること一ヶ月半。
一日の練習時間は5分程度、時には一週間放置してから覚えているか確認テスト

そうすると、先日あった漢字のテストは

f:id:miraisyouzen:20170706110646j:plain

100点でした!

頑張った成果が出たねレオ!

これからもこんなに意識して取り組まないと覚えられないとなるとちょっと眩暈がするんだけど~
とりあえず成果は出たけど、もっと効率的なレオに合ったやり方はないか模索中です。
 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村