タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

ガスコンロの修理でとても恥ずかしかった件

年に一度の住宅メーカーのお家点検がありました。
主に窓や扉の立て付けをチェックして、最後に点検OKのサイン項目を見る所でコンロの欄があったので
そういえば最近コンロの調子が悪いなーってのを思い出して
コンロふたつ使っていて、一方を消すともう片方も火が消えちゃうことがあるんですよーと言うと
その日のうちに住宅メーカーからキッチンメーカーに連絡が行ったみたいで
さらにキッチンメーカーからコンロの会社に修理に行くように通達があり
翌日には、コンロの修理に来てくれることになりました。

来てくれたのは懐かしの2年前私がさんざんコンロの不満を訴えたおじさんでした。
なんかクレーマーみたいになっちゃって申し訳なかったのですが
私がコンロに求める性能と(前に使っていたR社製のコンロには出来ていた)、現在使っている製品の性能にズレがあって
自動消火もタイマーもまったくあてにならないのでけっこうそれは今も不満に思いながら半ばあきらめて使っています。

これこれこういうふうに不具合なんですよーと説明して
試してみるとやっぱり私の言う通りに片方を消火するともう片方の火も消えてしまいます。

そこで修理のおじさんが解決策をひとこと

「新しい単一の電池ありますか?」

ええええええっ
電池の問題!?

戸棚をさがしてみたけれど新しい単一の電池は買い置きしてありませんでした。

「これで直ると思いますけどね。なんなら買ってきましょうか?」

いえいえいえ。それにはおよびません。ただの電池切れなんて恥ずかしすぎるわ~。
タイガに、隣の職場で単一電池があれば分けてもらってくるように言いつけました。

タイガがもらって来た新しい電池と交換して
先ほどと同じ確認。

今度は隣のコンロの火は消えず、正常作動。

やはり電池!

いや~ん。わざわざ修理に来てもらって、電池切れでしたなんておマスケすぎる~。

いやあどうも申し訳ありませんと平謝りの私。
この顛末に、修理のおじさんも、言い出しにくそうに
「出張費が、2300円・・・」

まじっすか?
電池残量の問題なら、電池交換のランプ点灯してくれよぅと、やはりコンロの性能を恨めしく思うのでした。
あー昨日住宅メーカーの点検の日じゃなければ不便だなあと思いながらもコンロ使い続けてそのうち電池交換ランプも点いて交換して問題解決だったのかなあ修理のおじさんにわざわざご足労願わなくても。
おじさんもキッチンメーカーから連絡来たら最優先で駆けつけざるを得なかったでしょうね。はあまことにすみませんです。

なんか、電気製品が動かない!と修理の人を呼んだら、コンセント抜けてたってなCMを思い出したわ。
同じくらいのダメダメ主婦ぶりで、ホント、申し訳ないったらありゃしない。
 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村