タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

覚えても覚えても漢字がぽろぽろ頭から抜けていく子はどう勉強すれば・・・

3年生になって脳が容量オーバーになり、漢字が覚えられなくなったレオ

どのようにして漢字を定着させるか試行錯誤中で

あれこれ漢字問題集もさがしたのですがしっくりくるものが無く

とりあえず、習った範囲の漢字は完璧にする!を目標にして

私が漢字ドリルを見て、新出漢字の訓読みと音読みの熟語を羅列した漢字書き取りプリントを自作し

時々、レオにやらせています。

 

f:id:miraisyouzen:20171009080429j:plain

こんな感じです。1枚20~30問。1学期の範囲だとプリント7枚あります。(漢字ドリル準拠)


最近のレオの漢字に関するエピソード


その1

先日、国語のテストで書けなかった漢字があったと帰宅したレオが言いました。

え?今日テストがあったの?しまった、連絡帳チェックしてなかったわ

テストあるとわかっていれば、前日に漢字練習しておいたのになあ、と残念に思ったのですが

返って来た答案を見ると、その4日前くらいに家で漢字チェックテストをした範囲の漢字で

しかしその時は正解していた漢字が、テストの時は思い浮かばなかったようです。


その2

学校で、1学期に習った範囲の漢字のテストを1日おきくらいで3回やったことがあって

まったく同じ問題なのに、前回正解していた漢字が次のテストでは間違っていたり

何故なのっ!?と疑問でいっぱいです。


その3

時々、漢字のミニテストがあるようで、席が隣の子と答案を交換して丸付けをしあうのですが

レオの隣の子はけっこう厳しくつけるようで

「『題』のはらいが短いって×つけられた!」と家でさんざん愚痴ってたのに

本番テストでもまた同じ様に短く書いて×をつけられていました。


せっかく「くそぉ!」って思うくらい印象的な出来事があったんだから

次の時はそこ気を付けて書こうよ。ねえ。


通常は、漢字チェックテストをしてみて、出来なかった漢字だけピックアップしておいて後日再テストという勉強の進め方でいいと思うのですが

レオは1回目で書けた漢字でも、数日後に再び書けるとは限らないという・・・

それじゃ漢字チェックテストで何も省けなくてこれから先、どんどん雪だるま式にやらなきゃならないことが膨れ上がっちゃうじゃないの。


ぽろぽろ抜け落ちて行くのは漢字だけではありません。

先日、野菜や魚の産地を調べる宿題が出まして

スーパーのチラシを見ながら、「徳島、生姜。宮崎、鶏肉」と私が読み上げて、レオが白地図に書き込んでいったのですが

都道府県もあやふやですね。


タイガが都道府県を覚えたのは5歳くらいの時で、学校で都道府県の勉強が始まるのが5年生。

その間、記憶の抜け落ちはありませんでした。


この差はおそらく、タイガは会話やテレビで「〇〇県」という話題が出た時に

頭の中で無意識に〇〇県に関する知識(位置、特産物など)を思い起こして記憶を強化しているのに

レオは漠然と何も思い起こすことなく聞き流しているからなんだろうな~


私も漢字や暗記モノは苦手でした。

興味無いものはまったく頭に入ってこないの、わかる、わかるわ~。

そう考えると、好きこそものの上手なれ

漢字が好きになる楽しい学習が漢字習得の早道!?う~んそれが「反復」より難しい~

 


↑「小学生の子」で話題のブログランキングはこちら

↑「子供の教育」で話題のブログランキングはこちら