タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

タイガ、英語が迷走

タイガ、小学4年生から近所の英語教室で英検対策のレッスンを受けています。

当初、ネイティブの先生と日本人の補佐の先生の2人体制だったのですが

不況により、大手英会話教室に吸収されシステムが変わり

英検授業は日本人教師のみになってしまいました。


英語に関しては週1のレッスンだけで家ではノータッチだったのですが

夏休みに英検4級の問題集を買って家でやらせてみてびっくり


なんか全然わかってないみたいなんですけどー


英検4級に関しては去年の10月の時点で受験してOKのgoサインが出ていて(その時点で、リスニングは満点で筆記は半分くらいのレベルでした)

日程の都合がつかずそれからずるずると受験することなく4級と3級を取り混ぜたレッスンを受けていましたが

なんかこのまま分けわからんまま英検対策授業だけ受けていてもなーという気持ちになりました。


タイガによると、今のクラスになってから分からなくなったと言います。

確かに、進み具合がそれぞれ違う生徒のより集まりなので、先生が個々に指示を出してそれをやってって感じで、全員に目が行き届いてないかもしれません。

レッスンを違う曜日にしてもらってクラスを変更するのも手ですが

タイガの現状を見ると英語が話せていないので

英検授業はやめて、英会話の授業を受けた方がいいのではないかと思いました。


ちなみに3歳下のレオはずっとネイティブ英会話のクラスで、今のレベルは3

(小学生はレベル2から始めてレベル4まであるみたいです)


いくらなんでも弟と同じレベルでは嫌だろうと、とりあえずレベル4の体験レッスンを受けてみました。


すると、そのクラスでは簡単すぎてつまんないと言うので

先生も「じゃあ高校生や社会人に混ざってレベル5を体験してみたら」となり、予約を入れたのですが

やはりそこではちょっとついていけないのではと心配されたようで、前日に事務の人から電話があり結局はキャンセルしました。

(私も、高校生や社会人に混ざっては話のレベル的にどうかなと思います)


次に勧められたのが、中学生に混ざってのレベル5のクラスです。(そんなんあるなら最初からそちらを勧めてほしかったです)

それがそのクラスの始まる10分前に電話がかかって来たので行けるわけなく

翌週も修学旅行で行けなくて

ようやく今週、そのレベル5英会話の体験授業を受けてみました。

私も最後の20分ほどお迎えに行きがてらに見学してみましたが

なんかずっとみんなでウノしてたよ。


それまで「英会話はやらない」と言っていたタイガですが

体験終わると、「ここのクラスでやってみたい」と言い出しました。

ウノ楽しかったようです。


そして、今の英検クラスも辞めずに、両方やりたいと。

おそらくそのクラスには仲の良い中学生の友達がいるからかな。


まあ他にピアノとレゴくらいしか習い事をしていないので

英語が週2になるくらいはいいかなと思います。

 


↑「小学生の子」で話題のブログランキングはこちら

↑「子供の教育」で話題のブログランキングはこちら