タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

目指せ東大京大医学部!?●●●塾の講師から見たタイガ

冬期講習後の二者面談を受けに、NKセンターに行ってきました。

事前に受けた公開学力テストは採点だけ終わっていて、順位や偏差値が出るのはまた後日とのこと。

冬期講習中に毎日受けたミニテストの結果と先生から見たタイガについて話をうかがいました。


ミニテストの成績で、とても優秀ですと褒められましたが

私から見ると微妙な点数・・・

英語と国語は1位の時も何度かありますが

算数が、ちょっとひどいよ(←この点数が、タイガが「算数が嫌いになった」と言っていた原因のようですね)

でも、塾の先生に言わせると、2年以上この塾で頑張って勉強している塾生に混じって平均以上取れるというのは凄いことなんだそうです。

そういうものなのでしょうか。


やはり、冬期講習中のタイガの態度はあまりよろしくなかったようですが

先生には、そこが見込みがあると好ましく受け止めていただいたようです。

例えば、生徒に入塾の意思があるのかを聞いた時

大抵の子は、「お母さんが1月から行くように言ったので・・・」とか「お母さんが中学になってからでいいと言ったので・・・」と答えたそうですが

タイガの返答は「塾はいらない」


自分に自信があるということは良いことだと言ってもらえましたが

いえいえいえ先生!

奴は単に勉強がしたくないだけですから!


NKセンター名物の激励の電話(?)がかかって来た時も

どうだった?と聞かれて、偉そうに「はあ。簡単すぎて」なんて言っていたので

こっちは顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったですよ。

先生は「ああはっきりとはなかなか言えない」と面白がってくれていましたが

私からすれば、そんな「簡単すぎる」なんて偉そうなことはもっと良い点を取ってから言いなさいよ!って呆れました。


「でも、講義中に冗談で笑ってる姿も見られ、年相応のところもあるんだなと思いました。」とフォローされましたが

私は「は、はあ、そうですか」と曖昧な返答で俯くしかありませんでした。


い、言えないです・・・

「塾の講義は売れない芸人がやってるみたい」なんて生意気な毒舌吐いてたことは・・・


タイガから入塾の意思がないことは伝わっていたようで、私も勧誘はされませんでしたが

「タイガくんなら、塾なしでも県内トップの高校に受かります。」と言われました。


マジですか?

いやいやいや

これはきっと入塾しないタイガをこうやって油断させておいて蹴落とし

ひとりでも塾生の方を合格させようという塾講師の策略かもしれません。


「ただ心配なのは内申ですね。」と言われて

そこは全力で頷きました。

提出物とか授業中の態度とか

中学でちゃんとやれるのかなあとそこはすごく心配しています。(今も出来てないもんね)


さらに「東大京大医学部行けますよ。」とも


いやいやいやいや

まだ受験のスタートラインにも立っていない、この先どこでどう躓くかわからないタイガに

そこまで言うのはタイガのことを買いかぶりすぎです。

今のところ親としては、大学は国立に行ってくれれば、とは思っていますが

大京大医学部なんてまったく考えていません。進学は本人の興味次第です。

帰ってから夫に「東大京大医学部って言われたよ」と言うと、夫も「そりゃないでしょ」ってな反応でした。

勘違いしたモーレツ教育ママにも可能性を潰す毒親にもならないように気を付けなければいけませんね。

なんだかかえって不安になってきました。


タイガのことをすごく高く評価してくださっていて、「いえいえ滅相もございません」と居たたまれない気持ちにさえなりましたが

もしかしてタイガがあまりにも偉そうな態度だからからかわれただけ?


なんにせよ、タイガがどうなるかはすべて、タイガが自覚を持って努力するかどうかにかかっています。

目標がみつかれば勉強に向かい合う態度も違ってくるかもしれないので

いい友達、いい大人との出会いがありますようにと願っています。

 


↑「小学生の子」で話題のブログランキングはこちら

↑「子供の教育」で話題のブログランキングはこちら