タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

成績大暴落のタイガが、あらためて挙手はしない宣言

6年生になってからのタイガの学校の成績表は

はっきり言って悪いです。


5年生の時の成績表を10とするならば

タイガの今の成績は3くらいでしょうか。


特に、図工や音楽など担任の評価そのままで点がつく教科の下落が著しいです。

タイガは図工も音楽も自信があるので「なんで?」と不満そうですが

まあ、先生から見たらそうなんでしょうねーとしか言えないです。

 

2学期の成績表を渡される時

「タイガさんは、テストの点はトップクラスなんだけど、挙手がねえ・・・」

と担任に言われたそうです。


授業中に挙手をしないので、意欲が無いと判断され

こんなにこんなに悪い成績がついているそうです。


確かに、小学校の成績において意欲はとても評価され

頭の出来はほどほどのレオの方は、その積極性が買われてとてつもなく素晴らしい成績がついています。


それならば、とりあえずなんでもかんでも適当に挙手しておけばいいんじゃない?と思うのですが

やはりそこは思春期の難しいところ

タイガは担任が大嫌いなので、先生に従うようなことはしたくないんですって。

まあ、そういう意識が見え隠れして、反抗的な態度だから成績が悪くつけられてるってのもあるでしょうね。


私も、もう小学校の成績はあきらめているのですが

でも、中学になったら1年生の内申から高校入試に関係するから

提出物とか授業態度とか気をつけてね、とタイガに言っています。


タイガも、仲の良い中学生の知り合いに、「6年の3学期の成績は中学校に伝わるよ」なんて教えてもらって

ちょっとヤバイと思ったのか

「3学期は、自主勉も提出物もまじめにやってみるよ」なんて、心を入れ替える宣言をしてきました。


そう、すごいね!頑張ってね!とホッとしたのも束の間


「ただし、挙手はしない!」

エッ!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???


「他はパーフェクトなのに挙手しないだけで成績がどこまで下がるのか確かめてやる」


いや、タイガさん・・・

なんか違う・・・

まだまだ先が思いやられます(ノ_-;)ハア…

 


↑「小学生の子」で話題のブログランキングはこちら

↑「子供の教育」で話題のブログランキングはこちら