タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

ムーミンといえば、やはりスナフキンですよね~

最近レオが読んだ本です。

f:id:miraisyouzen:20180331184401j:plain

f:id:miraisyouzen:20180331184413j:plain


私は小さい頃、テレビアニメでムーミンを散々見たせいで

なんかもういっかーという気になってムーミンの原作は手に取ったことがありませんでした。


そんなわけで、うちの子供たちはムーミンを知らないことが判明

タイガもレオも「ムーミン? 何それエアフィット?」状態です。

(そりゃムーニーだっつーの!)


そこでレオに講談社ムーミン童話全集「ムーミン谷の彗星」を読み聞かせしました。


レオ、とても面白かったようで

「まだ他にお話しあるの?」と言うので続けて「たのしいムーミン一家」も読みました。


ムーミン谷の彗星」はまだムーミンワールドが確立する前のお話で

2巻の「たのしいムーミン一家」からテレビアニメでもお馴染みのストーリーになります。


アニメを知っている私から見ると、ずいぶんあっさりしたストーリーだなあと思います。

淡々と話が進んでいきます。(もう少し章を分けてくれると読みやすいのですが)


そしてアニメでは子供心にスナフキンはすべてを達観したしっかり者というイメージだったのですが

原作を読むと、妖精だけにけっこうイタズラっ子で気分屋なんですね。

レオは1巻からスナフキンが大のお気に入りなのですが

飛行おにのシルクハットを拾いに行くシーンでは、レオも「おまえのこと信じてたのに・・・」とかなりショックを受けていました。


私は周りがこんなナンセンスたちだったらすごく腹が立ちそうですが

こだわりとわやくちゃ

それぞれがそれぞれの論理で生きていて周りもそれを認めているのがムーミンの世界なのかな。


そして、トーベ・ヤンソンさんの挿絵が素敵ですね。

特に1巻の死にかけたスニフの絵が大好きです。

レオは、スニフのことを「おバカ~」と言いながら、親しみを感じてそうです。

レオが「次も読みたい読みたい」とうるさくて

全集の3巻はパパの若かりし頃の話らしいので、すっとばして今は6巻の「ムーミン谷の仲間たち」を読んでいるところです。