タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

レオの担任の先生にご挨拶

小学校の学級懇談会がありました。


例年は、授業参観の後に学級懇談なのですが

今年は授業参観が無く、学級懇談だけ。

お仕事してるお母さんは休みととってまでわざわざ集まらないかな~って感じでした。

最初の懇談はクラス役員を決める場でもあるのですが

子ども1人に対して6年の間に1回やればいいというシステムなので

レオが1年生の時にすでに役員をやっている私はこれも関係無し

でも、レオの担任になった先生に挨拶をしておきたかったので、参加しました。

昨年、一昨年とタイガの方の懇談に出ていたのでレオはほったらかしだったのよね。

今年から小・中と別れたので、レオの学校行事に全力参加します。


今年度のレオのクラスの先生は

これまで直接クラスを持ってもらったことは無いのですが

昨年度タイガが所属していたクラブの顧問の先生です。


タイガ曰く、「優しくてとっても良い先生」

あのタイガが「また会いたいな。手紙書こうかな」って言ってるくらい好きな先生のようです。


レオは昨日先生にタイガの弟だということがバレて

「お兄ちゃんも賢かったけど、弟のレオくんも優秀だね」ってなことを言われたそうです。


誉めて伸ばすタイプの先生のようです。


学級懇談での先生のお話を聞くと、テキパキとしていてとても好感が持てました。

去年のタイガの担任の5倍のスピードで話すので、そんなところもタイガがこの先生を好きなポイントかな。


懇談後、私が「初めまして。よろしくお願いします」と挨拶に行くと

「まあ!タイガくんとレオくんの!お母さんも素敵な方で!」


先生!私は誉めてももう何も伸びません~


私からは、タイガが先生をとても慕っている話と

タイガとレオはタイプは違うけれど(タイガ並みの学力は期待しないでもらいたい)、レオはとっても頑張り屋さんなんですよって話をして

先生からは、レオが学級委員に立候補しているという話を聞きました。


そうなんだ!レオ、相変わらずヤル気に満ち溢れているなあ。


これから1年間、優しい先生のもとで伸び伸びと学校生活が送れそうです。