タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

しっぽをなくしたイルカと、坊ちゃん

レオが最近読んだ本です。

f:id:miraisyouzen:20180502095226j:plain

f:id:miraisyouzen:20180502095238j:plain

f:id:miraisyouzen:20180502095247j:plain

 

これまで小学校の図書館では、学研のひみつシリーズや日本の歴史の学習漫画を借りてくることが多かったレオですが

新学期でお薦めの本を借りることが推奨されているせいか、最近は漫画ではなくちょっとオカタイ本を借りてきます。

 

車のいろは空のいろ 白いぼうし (新装版 車のいろは空のいろ)

車のいろは空のいろ 白いぼうし (新装版 車のいろは空のいろ)

 

 教科書にも載っている「白いぼうし」とか

 

ひろしまのエノキ (絵本・こどものひろば)

ひろしまのエノキ (絵本・こどものひろば)

 

 「ひろしまのエノキ」

 

f:id:miraisyouzen:20180502095421j:plain

へーこんな長い話もひとりで読めるようになったんだと思った「しっぽをなくしたイルカ」

そういえばタイガも昔、借りて来たことがあったわ

 

鳥右ヱ門諸国をめぐる

鳥右ヱ門諸国をめぐる

 

 「鳥右ヱ門諸国をめぐる」

これは・・・

私も読んでみたけれど、救いのない話でした。誰も幸せにならない。

まあ、「ごんぎつね」もそんな感じの話でしたけどね。読んで辛くなる話。

 

f:id:miraisyouzen:20180502095550j:plain

このなかで、レオが面白かったのは表題の2冊

「しっぽをなくしたイルカ」は、「ひとつのことにみんなが力を合わせるところがすごい」

「坊ちゃん」は「悪いことしている奴を次々をあばいていくのが爽快」だそうです。