タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

タイガ、英語やめるってよ・・・

タイガが近所の英語教室に通い始めてから3年余。

最初はネイティブの先生+日本人補助の先生の二人体制のクラスで、ゆる~い感じで英検対策授業を受けていましたが

大手英会話教室に吸収されたり先生が変わったりといろいろ変化がありまして

ここ1年半ほどは、日本人先生のレベル混合英検対策クラスで勉強していました。


1年上の中学の先輩と同じクラスで

いろいろ中学の情報を教えてもらえるのが楽しかったみたいです。

と言うか、その先輩と雑談しに英語教室に通っているようなものでした。


それが、クラス分けの基準が厳しくなり本部からの通達で

英検5~3級対策が在籍するそのクラスに、英検準2級の勉強をするタイガがいてはいけなくなり

タイガはもう1時間遅いクラス(20時開始)に移動して欲しいと言われました。


まあ同じレベルで勉強した方がいいよね、今はちょこちょこっとしか先生の目が届かないし(ほぼ自習状態)、と私も思うのですが

タイガはあっさり、「じゃあ辞める」


今まで英検4~準2級までの生徒で基準(1クラスに入れられるのは3レベル混合まで)を満たしていたのに、どうして後から入った5級の勉強をする子のために自分が移動しなきゃいけないのかと納得出来なかったようです。

仲の良い先輩とも離れなきゃいけないのがとにかく嫌。

なにせもう1時間遅いクラスは高校生ばっかりで、年の近いお友達がいない。


タイミングも悪かったです。

1時間遅く来いと言われた初日がちょうどあの「学校に行きたくない」の出来事のあった日で

気分もどん底で、何もかも自暴自棄で嫌になっている時だったので。


ヤル気が出ないのにだらだら通っていても無駄だし

私もこれまでより1時間遅い21時にお迎えはちょっとキビシイ。先生と顔を合わせるのでその前にお風呂に入るわけにいかないし、レオの寝かしつけ(読み聞かせ)は21時には始めたいし。


辞める決意は固いようで、退会届もすでに出しましたが、とりあえず月謝引き落としの関係で7月いっぱいはまだ通うことになります。

それまでに、準2級対策のクラスで仲良い高校生の知り合いが出来て、やっぱ続けるってことになるのか。

はてさてどうなることやら。