タイガとレオの未来昭然

小学生男子2人との日々の格闘を綴る子育て記録です

建築と土木の体験授業

中学生を対象とした、工業高校の実習体験の講座にタイガが行ってきました。


前半の二日は建築コース。

20cm四方の木枠を組んで、その中に発泡スチロールと紙で自分の考えた部屋をデザインするという工作をしました。


9:00から13:00までの二日間の講座のはずが

タイガ、初日の12時半に帰って来て

「もう終わった」


えっ!?(@_@;)

こんなに早く帰って来ていいの?


「俺は内装まで仕上がったのに、他の人はまだ木枠作ってる。」


あのう、もう少し丁寧に作った方が・・・


「ちゃんとやったし!

 先生もベタ誉めだったし!」 


そ、そう・・・


ひとりひとり高校生がお手伝いについてくれたのですが

タイガは手伝いを必要とせずひとりでサクサクと作業をしたので、高校生も他の人の所に行ってしまったとか。

あのう、そういうのは、ああしようこうしようとコミュニケーションと取りながらやるのも大事じゃないの?

指先が超絶器用なのは喜ばしいことなんですけどもね。


タイガの作品

f:id:miraisyouzen:20180805114004j:plain

f:id:miraisyouzen:20180805114025j:plain

採光と螺旋階段を誉められたそうです。

 

後半二日は、土木コースの体験をしました。


土地の測量で、機器を使って高さを測ったり、距離を測ったり

パワーショベルを運転したり


パワーショベルを操作して、ボールを移すゲームでは

タイガが1番だったそうです。


違う中学の友達も出来て、帰って来てさっそくSWITCHのフレンド登録をしていました。


先生にも、ぜひ工業高校にとスカウトされたそうですが

いやあ・・・それはまったく考えていません(^_-)

でも、タイガがなりたい職業に建築家も入っているので

良い経験が出来たのではないでしょうか。

タイガも、とても楽しかったと言っていました。